スポンサードリンク

2011年07月21日

【関西電力】節電10%要請へ 景品は?

関西電力でも政府の節電要請10%がでました。
関西電力自体が企業や家に要請している15%と開きがあることで、利用者には混乱があるようです。


「政府は20日、関西電力管内でピーク時の電力需要を昨夏に比べて10%以上減らすように要請、福島第1原発事故を契機とした原発稼働停止による電力不足懸念が全国に本格波及することになった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110720-00000126-mai-bus_all」


「関電、全国に融通要請も 盛夏の供給不足、停電恐れ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110720-00000036-kyt-l26

関西電力の節電要請で、7月1〜19日の最大電力の推移は、最大需要予測を約140万キロワット下回り、約4・5%分の節電となった。

大口需要家(契約電力500キロワット以上)は7・5%、小口需要家(同500キロワット未満)や家庭は3・5%だった。」

 東京電力のように景品やプレゼントは?と気になるかもしれないですが、
関電は節電を促すため、
小口需要家向けに最大電力が昨夏より減ると電気料金を割り引く契約を新設している
ようです。
物での景品は今のところないようですね。

また東電と違って罰則もないことから、すべて企業や一般家庭の自主対応だよりとなってしまっているようです。

橋下徹・大阪府知事は20日の会見で「政府と関電がバラバラにやってグチャグチャ。誰が調整しているのか」と場当たり的にも見える国の節電要請を批判しているようですが、やはり、政府や関西電力の行き当たりばったり感はいなめないですね。

関西電力
・節電協力期間
平成23年7月1日(金)〜9月22日(木)
(8月12日(金)〜8月16日(火)を除く)
・節電に協力する曜日・時間帯
平日の9時〜20時
※家庭の方は特に13時〜16時の重点的な節電を
    sponsord link
  
posted by 防災グッズ at 08:32 | Comment(0) | 節電

2011年07月12日

福島県 放射能汚染牛はどこへ?流通先

南相馬市の農家が、出荷した肉用牛11頭から暫定基準値を超える放射性セシウムが検出された問題で
その農家がもうすでに5月〜6月にかけ牛を出荷していたことがわかりました。
その牛6頭が東京都の食肉市場を通して流通していたのですがその流通先が大変気になります。

どこに流通したのか牛の個体識別番号を検索しました。

牛の個体識別情報検索サービスというところがありそこでニュースにあがっていた6頭の個体識別番号をいれ検索しました。
https://www.id.nlbc.go.jp/top.html

牛の個体識別番号情報(平成23年07月12日05時現在)

1249435202 東京都 と畜 H 23.05.30 港区 東京都立芝浦と場

1249371722 東京都 と畜 H 23.05.30 港区 東京都立芝浦と場

1249433567 東京都 と畜 H 23.06.30 港区 東京都立芝浦と場

1249441371 東京都 と畜 H 23.06.30 港区 東京都立芝浦と場

1254902089 東京都 と畜 H 23.06.30 港区 東京都立芝浦と場

1242690318 栃木県 と畜 H 23.06.27 大田原市 那須地区食肉センター


という検索結果となりこのサイトでは私が思っていた結果は得られませんでした。

朝の情報番組では静岡県の飲食店で購入された牛のいくらかがすでに販売され
残っていた十数キロの冷凍の牛から基準値の約4倍のセシウムが検出されてたといっていましたがこれも情報が錯綜しているかもしれません。

ということでこの消費者への販売先や流通先が私はすごく気になっているのですが、まだ詳しくは流通先は分からないようですので分かり次第記事にしたいとおもいます。

今のところこの農家から出荷されて流通したと思われる10都道府県は東京都、神奈川県、千葉県、静岡県、愛知県、北海道、愛媛県、徳島県、高知県、大阪府。

これらの県を経由して、さらに広がっている可能性もある。とのことです。
    sponsord link
  
posted by 防災グッズ at 08:53 | Comment(0) | 放射能汚染問題